クーデター未遂事件

政治

「二・二六事件の日」1936年2月26日、陸軍の青年将校らによるクーデター未遂事件が起きました。大蔵大臣の高橋是清、内大臣の斎藤実らが殺害され、総理大臣の岡田啓介も襲われます。天皇親政を目指すも、天皇はこの決起に怒り、戒厳令が敷かれ鎮圧される

【コメント】格差社会や政治不信など、事件を通じて現代へと繋がる教訓とは 陸軍の皇道派の影響を受けた青年将校が、対立していた統制派の打倒と国家改造を目指し、1483名の下士官兵を率いて「昭和維新」と称して首相官邸等を襲撃した 兵隊はお咎めなし...